土の器に

聖書: コリントの信徒への手紙二 4章 7節~11節

2021年4月4日(日): 復活節第1主日礼拝、イースター礼拝説教

 『復活(アナスタシス)』というギリシャ語には、『もう一度(アナ)』『立ち上がる(スタシス)』という意味があります。復活のイエス・キリストは、わたしたちに『もう一度立ち上がる力』を与えてくださるのです。
 「わたしはあなたのために、信仰が無くならないように祈った。だから、あなたは立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい(ルカ22:32)」。この祈りの言葉に、ペトロはもう一度立ち上がることができました。「あの方は、ここにはおられない。復活なさったのだ。まだガリラヤにおられたころ、お話しになったことを思い出しなさい(ルカ24:6)」。この約束の実現に、マリアはもう一度立ち上がることができました。
 「道で話しておられるとき、また聖書を説明してくださったとき、わたしたちの心は燃えていたではないか(ルカ24:32)」。この出会いの恵みに、エマオの二人はもう一度立ち上がることができました。「だから、わたしたちは落胆しません。たとえわたしたちの『外なる人』は衰えていくとしても、わたしたちの『内なる人』は日々新たにされていきます(Ⅱコリント4:16)」。内なる『福音の灯心』を感じてなりません。
 「わたしたちは、このような宝を土の器に納めています。この並外れて偉大な力が神のものであって、わたしたちから出たものでないことが明らかになるために。わたしたちは、四方から苦しめられても行き詰まらず、途方に暮れても失望せず、虐げられても見捨てられず、打ち倒されても滅ぼされない(Ⅱコリント4:7-9)」。土の器でも、「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ(Ⅱコリント12:9)」。