起きなさい

聖書: 使徒言行録 9章 36節~43節

2019年11月24日(日): 降誕前第5主日礼拝、謝恩日礼拝説教

 ペトロは、十字架を前に大きな挫折を味わいました。「しかし、わたしはあなたのために、信仰が無くならないように祈った。だから、あなたは立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい(ルカ22:32)」。かつてイエス・キリストの祈られたことが実現します。ペトロは立ち直り、イエス・キリストを宣べ伝える者となりました。
 教会の兄弟姉妹を力づけるために、「ペトロは方々を巡り歩き、リダに住んでいる聖なる者たちのところへも下って行った(9:32)」。そこで、ペトロは伏して、八年も寝たきりだったアイネアのために祈ります。「アイネア、イエス・キリストがいやしてくださる。起きなさい(9:34)」。この祈りに、かつてイエス・キリストの成されたことが実現します(ルカ5:17-26参照)。すると、「アイネアはすぐ起き上がった(9:34)」。
 ヤッファの教会に、タビタという女性がいました。かもしかのように働き者で、教会のやもめたちから愛されていました。しかし病気のために死んでしまいました。そこで、ペトロは伏して、階上に安置されたタビタのために祈ります。「タビタ、起きなさい(9:40)」。この祈りに、かつてイエス・キリストの成されたことが実現します(ルカ9:40-56参照)。すると、「彼女は目を開き、ペトロを見て起き上がった(9:40)」。
 老いと病の今日に、死と涙の今日に、かつてイエス・キリトの成されたことが実現しますように。「今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである(ルカ2:11)」。それは、二千年前の昔の話ではなく、今日ここに実現する今の話です。憎しみと争いの今日に、クリスマスの喜びと愛が実現しますように。